武将列伝
平戸松浦家

 松浦弘定(平戸弘定)(覚翁)
(1466〜1515)(1479−1515)
松浦豊久の子  義の孫 平戸正 周防山口の大内政弘の名をとり弘定と称した。

 平戸等を中心に勢力を持ち、さらに生月島や松浦半島に勢力を伸ばす。 
 兄である昌との抗争の中で、平戸西部の津吉氏を追討し、生月の加藤、一部、山田を勢力下に置き、更に田平氏の支配していた田平、江迎を落とした。また、御厨氏の家中の混乱に乗じ御厨も所領とした。
 これに対し、昌は有馬方に援軍を求め、有馬・大村・佐々・佐志・相神浦と連合し弘定を攻め弘定は大内氏を頼り山口に逃れる。(箕坪合戦)この際、大内政弘の名をもらい弘定と称する。
  しかし昌との和議がなると、箕坪合戦の恨みを晴らすべく反平戸に荷担した勢力を中心に圧力をかけ、江迎の深江氏や佐々の佐々氏、宗家松浦氏などを併呑し、勢力を拡大、興信以降の基礎を作る。 
兄弟  兄    純元(昌)
          弘定(天翁)
     第1弟  頼(佐々勝養子 佐々頼)
     第2弟  栄(籠手田家 籠手田栄)
     第3弟  定久(大野・吉田家 大野定久)
     第4弟  始(紫加田宗栄養子 紫加田始) 
個人的評価

・少し時代が遡るので、マイナーではありますが個人的には隆信鎮信に勝るとも劣らない名君だと思います。
 平戸松浦氏の勢力範囲は、ほぼ弘定により決まったと言っても過言ではないのでしょうか?
何より戦が上手く、しぶとい。箕坪城合戦では一敗地にまみれ大内家に逃れますが、瞬く間に復帰し、あっという間に所領も回復。
 大智庵城の松浦政も奇襲で破り、平戸島の一部しか領していなかったのが、あっという間に佐世保地方にも影響力を持つほどになります。
なお、大内氏に従って、子の興信と共に上洛もしています。



inserted by FC2 system