武将列伝
平戸松浦家(籠手田家)

  籠手田安昌 
(1508〜1557)
平戸興信の死後、子の隆信が幼少であったことから、興信の兄弟に継がせる動きも出るも隆信の擁立を助け、その功もあり平戸家筆頭家老となる。
幼少の隆信を助け、相神浦松浦氏攻めなどを立案指揮し平戸家の勢力拡大に尽力する。
筆頭家老として、平戸松浦家のポルトガルとの貿易の条件にキリスト教に入信。 
 



JavaScript 武将列伝閉じる inserted by FC2 system