松浦家の名前
  

   伝統の一文字

 
 松浦党の正当なる名は一文字である。
  これは、発祥に関連し渡辺綱や久などが一文字であり、その後鎌倉時代、室町時代も続いていく。
戦国時代についても、波多氏(波多盛・波多親・波多隆)、相神浦松浦氏(松浦政・松浦親・佐世保諫)、日高氏(日高資・日高喜)、鶴田氏(鶴田前・鶴田勝)、伊万里氏、有田氏などそのほとんどが一文字である。

(2文字としては、志佐家が松浦党の中では名家だが、2文字が多い。
 これは有馬家等の影響が大きいためか、ほとんど一文字の名はいない。)

  ただし、この中で戦国大名化し最終的に松浦家を継いだ平戸家は、二文字が多い。
弘定、興信、隆信、鎮信などほとんどが二文字であり、江戸時代中期に入り、松浦清が一文字に直すが、それまでは二文字が多い。(全くないというわけではない)

ちなみに、弘定の2代前の義が途中で二文字に変えている。この義は、当時の将軍足利義教に目立つように赤烏帽子をつけたことで有名であるが、義から是興に改名しており(おそらく将軍の忌み名を避けたか)、その後豊久、弘定と続く。
 おそらく、足利将軍家が健在であった隆信、鎮信あたりまでは前述の件があり、二文字を続けたのではないかと考える。

  この後、平戸藩になってからも2文字名が多く、前述した松浦清が松浦の名を改めて起こすため一文字名にするまで、2文字名がつづく。
 また、この鎮信の子棟になってようやく一文字となっている。しかしその後は、篤信となっている。(棟の子は長であったが、早世したため、弟の篤信が継いでいる。家系図をみると一文字と二文字が混在しており、必ずしも固執したものではなかったのかもしれない。)

 その後は、甲子夜話で有名な松浦静山こと松浦清まで出ず、その後は一文字で統一されている。
 このことを見ると、平戸松浦家については、必ずしも一文字との松浦家の伝統にこだわっておらず、松浦家の伝統とそして中興の祖である隆信、鎮信らの思いも伝統として伝えられているようである。

 

 また、松浦家の名前にはもう一つ不思議な点がある、隆信(道可)、鎮信(法印)、久信と続くが、久信の子に隆信(宗陽)、隆信(宗陽)の子に鎮信(天祥)と付けている。
 何故か不明であるが、何代か遡ってあやかるために同名を付けることは少なくはないものの、数代前しかも、親子共々という所は珍しいと言える。
             
 なぜ、中興の祖ともいうべき二人の名を付けたか、興味深いところである。



 

       
よもやまばなしに戻る

 

inserted by FC2 system